ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

CRAZY目指してエフェクターボード作成

またまた暫くぶりの更新です(^^;

ついこの前までお正月だったのに、もうすぐ1月も終わっちゃいますね~・・。

さて、昨年からずっと「弾きたい」と話していましたラウドネスの『CRAZY DOCTOR』ですが、機が熟してきましたので、【弾いてみた】録る準備をしていきたいと思います!

練習はTHR10Xだけでエフェクターなど繋がず、内蔵のリバーブとディレイを薄く掛けた、ブラウンサウンドで弾いてきました。本当いい音するんですよね~このアンプ!クレイジードクター録るのもこれをPCに繋いじゃえば十分いけちゃうくらいなんですが。

でも世界中のギタリストにファンが尊敬する、偉大な高崎晃師匠の曲をコピーする以上、テキトーに弾いてみたんじゃバチが当たる(笑)。ましてクレイジードクターともなると超プレッシャーなのです(汗)。

なのでCDを良く聴き込んで、できるだけあの歪み具合、エフェクターをかけるタイミングなど研究してみたくなりました。

とはいえ、再現するとなると、プロの機材と同等なものを全部揃えるなんてことは、まず出来るわけないし、もしかしたら、高性能なマルチエフェクターがあれば近づけるかもしれないけど、そういうデジタルなものはとっても苦手だし(覚えが悪いんで)、限り有る予算で手持ちのエフェクターを活用しなんとかしたい。

f:id:nursemen:20150222132419j:plain

サウンドの肝となるのはコイツです!AT-222ブースター。

これをどうにか活かしたいが、ケンタウロスもあるし、EPブースターも気に入ってるし、現状のエフェクターボードは崩したくないんですよね~。

んじゃディレイもコーラスも他に何個かあるし、もうひとつエフェクターボード作っちゃえ!ってな軽いノリで(笑)。

f:id:nursemen:20160123011114j:plain

MONTREUXの自作パッチケーブルキットをポチッと頼んじゃいました。

ついでにここのブランド好きになっちゃったので、スピーカーケーブルも取り寄せてみました。あとはエフェクターボードがまもなく届きます。

 オラ なんだかワクワクしてきたぞ!

広告を非表示にする