読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

THR10Xホンマに買ったよ(開封編)

THR10Xを凡人がレビューした

予てからずっと気になっていた、ラウドネスのギタリスト、高崎晃師匠がツアーにも、どこにでも持っていくという、練習用小型アンプ、ヤマハTHR10Xを買ってみましたよ~!!そして宅配で届きました。

とある楽器店のネット通販で取り寄せたのですが、直前に在庫が切れて約1ヶ月待ちに・・・。焦らされたぶんこのアンプにかける期待も一入です。

 

f:id:nursemen:20140617213839j:plain

さっそく包装を取るとTHR10Xの箱があらわる。パッケージデザインも中々いい感じ。メタルキッズ、いやメタルおっさんだから「エクストリーム・ハイ・ゲイン」ってラベルに目がやられます。(笑)

 

f:id:nursemen:20140617214601j:plain

御開帳~♪ 商品を開けるとき、なんでもそうなんですが、この瞬間はとっても胸が高鳴りますね~。USBやステレオミニプラグにアダプター類が整然と並べられています。

 

f:id:nursemen:20140617214957j:plain

本体と一緒に梱包されていたものを並べてみました。

それにしてもTHRのデザインって従来なかったギターアンプの形ですよね?内部はデジタル技術の賜物なんでしょうけど、外観はどこか懐かしい感じのレトロチック。一見おしゃれなラジオにもみえてしまうが、インテリアに溶け込むという意図としてはコレが正解かも。

また、安易にプラスティックを多用せず、アルミのボディで被っているあたりに、質実剛健っぷりも感じられ、奇をてらっただけじゃなくてヤマハの本気度が伝わってくる。果たして肝心のサウンドのほうは・・・と、そんなわけで簡単に今回はここまで。焦らしてつづく。(笑)


操作かんたん!THR10Xをイジクリ鳴らしてみた - ジャパメタおっさんギターKIDS