読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

ジャパメタの原典!【THE BIRTHDAY EVE (誕生前夜) / ラウドネス】

THE BIRTHDAY EVE(誕生前夜)

『聴かずして死ねない重鉄円盤』のコーナー。

いよいよ真打!LOUDNESS(ラウドネス)に突入です!!

え?遅すぎる!?(汗)。

まずはやっぱり原点のファーストアルバム、

【THE BIRTHDAY EVE(誕生前夜)】♪

もうジャケットの表紙からしてダークな雰囲気プンプン。俗に言うラウドネス悪魔三部作がスタートするんですね~、なので悪魔君はまだ卵。中学なりたてのおっさんには、このデザインがオドロオドロしかったですね~、どんな曲が飛び出してくるのかと(笑)。

でも曲は卵のように未熟なんてもんじゃありませんよ!ファーストアルバムで、すでに完成されているというか、堂々たる和製へヴィメタル。

一発目の『LOUDNESS』では、ギターフィードバックと激しいアーミング、そしてお馴染みのギターリフにたちまちノックアウトでした。とにかくメンバー全員ハイレベルで演奏されているのに加え、その当時は気付きませんでしたが、和のテイスト(音頭のリズム)が、洋メタル以上に心を掴んだんじゃないかと思います。それになんてったって日本人が世界に通用するミュージックを、へヴィメタルをやってるんですからね!

楽曲は全体的にハードな中にもキャッチーですが、『STREET WOMAN』『HIGH TRY』のプログレッシブなドロドロしさが、なんとも悪魔チックに感じたしだいです。そしてラストの『ROCK SHOCK』で脳内スカッと爽やかに(笑)。

実はラウドネスの入口はこのアルバムじゃなく、【DISILLUSION】だったので、聴いたのはタイムリーじゃありませんが、えらい衝撃を受けた記憶があります。バンドはすでに完成されているけど、リリース毎にどんどん進化していく姿に、もうワクワクで鼓動が高鳴りました!!

「日本のハードロックは売れない」と言う当時の邦楽界の見方に反し、爆発的な勢いで人気を博し礎を築いたラウドネス。

このアルバムはジャパメタの原典といえるでしょう!

 

THE BIRTHDAY EVE(誕生前夜) THE BIRTHDAY EVE(誕生前夜)
LOUDNESS

曲名リスト
1. LOUDNESS
2. SEXY WOMAN
3. OPEN YOUR EYES
4. STREET WOMAN
5. TO BE DEMON
6. I'M ON FIRE
7. HIGH TRY
8. ROCK SHOCK (MORE AND MORE)

Amazonで詳しく見る by G-Tools