読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

初期バージョンの“CRAZY DOCTOR”を弾いてみたい

完コピ未満メタルギター道場

今年はやっとジャパメタのギター・コピーを2曲やることが出来ましたが、ラウドネス→アンセムときたので、次は何を弾いて録ろうか考えています。

何曲か練習はしているのですが、まだまだソロも全部弾き通せなくて、録るに至らない状態なんですが、その練習曲の中にラウドネスの代表曲『CRAZY DOCTOR』があります。アルバム【DISILLUSION(撃剣霊化)】に収録された1曲目ですね。

DISILLUSION(撃剣霊化)

ご存じない方はいないくらい有名なので、詳しくどんな曲かは語りませんが、兎に角へビィなリフでカッコ良く、ソロはスピードもあり結構テクニカル。

ラウドネスの曲の中では比較的、ビギナーでも弾き易いほうかと思いますが、これを完コピ目指すとなると中々尋常じゃない!っていうか、おっさんのレベルだから尋常じゃない(笑)。

最近はギターソロのタッピングの手前のフレーズが変わりましたが、初期の頃のフレーズは、低い弦のフレット上のほうから駆け下りてくるような感じでした。

それがこれです↓(まちがってたらスミマセン)。

f:id:nursemen:20150429182801j:plain

このフレーズがまた、自分にはメチャクチャムズイ!

当時、高崎晃師匠のインタビューには、「ギターソロの部分は全部ダウン・ピッキングで弾いてます」とあるが、オルタネイトでもあのスピードについていけないのに、「どうするんだろ??」って感じです。

ここのフレーズよりもこのあとすぐに続くタッピングのほうがむしろ簡単。

何度弾いても手首が死にそう~・・・。

でもやっぱり、ここは妥協せず初期の頃のクレイジー・ドクターにこだわりたいんですよね~。だから無茶でもやるよ!

「死ぬ気でやれよ!死なないから」←hideの名言。