読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

耳コピに四苦八苦・・でも光明がみえた!

昨年、ユーチューブにお恥ずかしい『弾いてみた』もどきの動画をアップして、それから音沙汰ないままの、ジャパメタおっさんですが、只今ギターコピーに四苦八苦しながらも楽しんでおります。

ギターって“才能”のある人はめきめき上達しますが、そうじゃない凡人は、直向に努力するほかありません。もしかしたら努力することで“才能”が開花するやもしれませんが。上手くなりたけりゃ、最低1時間以上は毎日練習して、指先がカチカチになるくらいにならないと駄目だと思います。

でも努力って根性論で説いたところで、そう簡単に上手くはいかないでしょう。だって毎日同じメンタルでギター弾くなんて辛いんだもん・・・。クタクタになるまで働いて帰ってきて、心身ともに疲労困憊な状態で、おまけに仕事の書類の作成に追われたり、家庭があればもうそんなどころじゃないでしょう。

なのでおっさんは、いつも床につく直前に、酒の力を借りて覚醒しその勢いで弾いて、とことんクタびれて爆睡しております(笑)。呑むっていってもバーボンなんかを原液でワンショット含んで、「カーーッ!!!」とさせているだけで、呑みすぎちゃおりませんよ。

ところで、好きな曲をコピーするのって、TAB譜があると便利ですが、その楽譜の採譜だって全部がその通りじゃないから、結局のところ耳コピするしかありません。でも、耳コピってCDなどの音源を聴いただけじゃちゃんと拾えないのですよね~。そもそも弾き方すら分かってないのでは、聴いただけじゃどうにもなりませんし。

ではどうやって耳コピするのか?それは、

他人の『弾いてみた』をじっくり観ること!

そうすることでフレーズの運指が解読できます。まぁ何度も観て、その人が弾いているフレット辺りを押さえて、試行錯誤が必要ですけどね。今はネットに上手な人達の動画がたくさん公開されているので、とってもありがたいことです。

そして、昔からある耳コピの手法なんですが、曲をゆっくり再生して、難解なフレーズを解き明かすやり方です。おっさんが少年の頃は、カセットテープで速度を変えられるものがあって、それを何度も巻き戻し再生してるもんだから、すぐにテープが伸びて駄目にしちゃったり、再生した音もピッチがおかしくて、なんだか苦い思い出しかありません(笑)。

最近ではパソコンやスマホアプリで同様のことができるソフトがあるんですね~!しかもテープみたいに音源が途中で駄目になってしまうこともないし、音程を変えずにゆっくり再生できるし、しかも!そのスロー再生した曲を保存することさえできちゃいます(涙)。その神なソフトがこちら↓

www.forest.impress.co.jp

↑しかもコレが無料で使えるなんて!!!

まったくギター練習するにはいい時代になったもんだ。