読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

ランダムスターのシールドジャックをSWITCHCRAFT社製に交換

おっさんの楽器DIY改造部屋

エドワーズのランダムスターE-RS-95Gのシールドジャックを、はじめから付いてたやつ(国産)から、SWITCHCRAFT(スイッチクラフト)社製に交換してみました。何度かPUを交換したり、ボリュームポットを交換しているんで、「一度にやれよ~」って思われそうですが(汗)。

でも、部分的にちょこちょこ変えるのもこれまた一興。一気に換えてしまうよりも、そのパーツの効果を知る上では良いかもしれません。

 

f:id:nursemen:20140813223655j:plain

左がSWITCHCRAFT社製で、右が国産(おそらく)。一見同じようにもみえますがホット端子側の作りがちょっとちがいます。

今回の交換理由はサウンド面じゃなくて、シールドを差し込んだときの安定感に尽きます。国産と思わしき最初から付いていたやつは、抜き差しのときに「ぬるん」と手ごたえのない感じですが、スイッチクラフトのは、「カチッ」と締まる感じ。

もうこの抜き差しの質感は雲泥の差!なんか不意に抜けたりしないかもう心配無用ですね~。サウンド面でもスイッチクラフトは良い評判を聞きますが、もしかしたらシールドを差し込んだ手ごたえに、そんな風に思い込んじゃうのかもしれません。

いつものサウンドハウスさんで270円(税込)こりゃいいね!