読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

Ibanez“TS808DX”ちょっと気になるブーストつきチューブスクリーマー

チューブスクリーマーは、Ibanez(アイバニーズ)から1979年に発売された、いわずもがな国産エフェクターを代表する銘器のひとつ。そのオリジナル『TS808』から35周年を迎え、ついにデラックスなやつが登場してきました。

まず、なにがDXなのか?というと、BOOSTコントロールが加わりました。

 

TS808と同じオーバードライブ:TUBESCREAMER回路(IC:JRC4558D)と、20dBのブーストが可能なブースター回路それぞれをアイコニックな二つのスイッチで踏み分けることで、ウォームかつクリーミーなオーバードライブとして、あるいは音量を持ち上げたいときのブースターとして使用することはもちろん、さらにはオーバードライブとブースターふたつを組み合わせて使用することも可能です。

 

なるほど~これは面白そうです。そもそもブースターとして使ったときに、チューブアンプとの相性が抜群にいいオーバードライブなので、このペダルのブースターが更にどう効いてくれるのか気になるところです。

それにしても外見が『Fulltone』を意識しているような。同じTS系ブースターつきペダルなら値段もこなれた【FULLDRIVE2】かなぁ~と思ったりも。

ただDC9Vのほか18V駆動にも対応しているらしいので、いざ鳴らしてみたらあなどれないかも“TS808DX”!!