ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

【MIDNIGHT FLIGHT/アースシェイカー】昇華を遂げた演歌メタル

【MIDNIGHT FLIGHT(ミッドナイトフライト)】は1984年に発売されたアースシェイカー3枚目のアルバム。

アースシェイカーはいつしからか“演歌メタル”なんて呼ばれるようになった。

その理由を自分なりに解釈してみると、まずは歌謡曲に通じるメロディー。これは日本人が美しいと感じる独特の旋律なのだと思う。そして下手に英語を多用せず、しっかり日本語でのメッセージ。

そこへVo.マーシーのずば抜けた歌唱力と、Gt.シャラのエモーショナルなギターサウンドが相まって、潜在的な和の心に刺激的に反応し、へヴィメタルとかハードロックとかいう垣根を越えてファンを獲得していたんじゃないかと思う。

ミッドナイトフライトの中の1曲目『T-O-K-Y-O』は、ミディアムテンポでジワジワと暗闇の中から這い上がってくるような、静と動を曲の中に感じることができる。聴くたびに心を打たれ切なくなる名曲だ。

そして『ラジオ・マジック』は対照的にカラッと晴れたアメリカンハードロック調で、歌詞の内容はツアーの合間の女性との色恋を歌ったものらしく、これといって心打たれるものはないが、なぜか曲のメロディーが1度聴くと忘れられない。

そんな感じで『T-O-K-Y-O』のように暗く沈んだ感じの曲から、ラジオマジックのような明るくキャッチーな曲が絶妙に入り混じっていて、アルバム最後の8曲目で起承転結とさせている。捨て曲なしのまさに名盤なのだ。

とくにアースシェイカーの2nd(フュージティブ)と、この3rdアルバムは、ジャパメタ史上外せない傑作なんじゃないでしょうか。ぜひ両方とも聴いてみてください!

 

MIDNIGHT FLIGHT MIDNIGHT FLIGHT
アースシェイカー

曲名リスト
1. T-O-K-Y-O
2. ミッドナイト・フライト
3. ラジオ・マジック
4. ファミリー
5. ざわめく時へと
6. 失われた7224
7. マネー
8. ただ悲しく

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする