ジャパメタおっさんギターKIDS

古きよき80年代の邦楽・洋楽HR/HMを愛して止まない生涯メタルフリークを宣言する中年のゆるい日記。挫折してもあきらめきれずエレキギター練習はじめたけど果たして上達するや否や。

【EARTHSHAKER/アースシェイカー】ジャパメタ 黎明期ここからはじまる

すでにセンセーショナルにデビューを飾っていたラウドネスに続けと言わんばかりに、1983年は44マグナム、そしてこのアースシェイカーなどが関西から続々メジャーデビューしてきました。まさにこの年こそジャパメタの黎明期!

アースシェイカーのデビューアルバムとなる【EARTHSHAKER】は、ラウドネスがプログレッシブな路線だったのとは対照的に、アースシェイカーはPOPな感じの曲も多く、はっきりとしたHR/HMという境界線がない中でも、どちらかといえば『ハードロック』という風にジャンルを認識していました。

それでも1曲目『アースシェイカー』と、2曲目『ウォール』は完全に拳を振り上げ、ヘッドバンキングしたくなるへヴィ・ナンバー。

そして、Vo.西田昌史(マーシー)氏のコブシの効いた、どこまでも突き抜けるような歌声、Gt.石原慎一郎(シャラ)氏のハードなバッキングと泣きのギターソロ。

それらが相まって、おっさんがギター少年だった当時、ハートをアースシェイカーに鷲づかみされたのでした。

今でもギターで弾きたくなる【ウォール】。

これを聴けば中年の冷め切った熱い血潮が蘇る!!

 

EARTHSHAKER EARTHSHAKER
アースシェイカー

曲名リスト
1. アースシェイカー
2. ウォール
3. 412
4. アイ・フィール・オール・サッドネス
5. ダーク・エンジェル(アニマルズ)
6. マリオネット
7. チルドレンズ・ドリーム
8. タイム・イズ・ゴーイング
9. 夢の果てを

Amazonで詳しく見る by G-Tools
広告を非表示にする